トップ / 矯正歯科は早めに始める

レーザー

小児の矯正をする前に

小児の歯並びにおいては床矯正と言って、将来歯が綺麗に生え揃うような土台を作る為に骨格を整える治療法で抜歯や永久歯になってからのワイヤーでの調整が不要になるかもしれないメリットがあります。しかし、すべての子供に床矯正が出来るかと言えば骨格全体に広がる余地がないなど精密検査をした上で治療が出来ない子供もいます。早期の歯並びを整えるという事は顎と歯の成長を利用したメリットを活かせる反面に無理に成長を妨げるケースの治療を行うと歯の根っこも成長が妨げられてしまう危険性もはらんでいます。

歯列矯正は是非したいもの

矯正といえば歯列矯正歯科がよく知られています。歯並びや噛み合わせを治し、自然な笑顔を作るようにするものです。小さな子供の時はそれが八重歯でも大きすぎ る前歯であっても、それは可愛いと言ってチャームポイントのように思われます。でも、それをそのままにしておくことは、虫歯になったり、噛み合わせが悪い ことがもとで体の健康やあごの骨にまで影響を及ぼしていきます。現在では歯並びの良さは知性や教養の程度をみる重要な要素にまでなってきています。矯正歯科でお子様の歯並びを治して将来を明るくするのは親なのです。

↑PAGE TOP