トップ / 歯科の正確性のある治療法

レーザー

歯科のレーザー治療とは

医療現場ではレーザーを使った治療法が採用される場合があります。そして歯科の治療では歯茎を切開することがあります。すると出血によって患部がよく見えないなど、治療がはかどらないことが多々ありました。歯茎が炎症を起こしているときには、光線を照射することで炎症を起こしている組織を高温で蒸発させて取り除くことができます。また腫れや痛みも和らげることが可能です。そして何よりこの方法なら、出血を大幅に減らすことができます。また治療部位がしっかりと確認することができるようになり、歯科治療が正確にできるようになります。

歯医者のレーザー治療のメリット

歯科で行うレーザー治療とは、単一の波長での光線を照射することによって治療する方法です。使用するものにはいくつかの種類があり、性質の違いによって、治療できる範囲等が異なります。歯科用レーザー治療のメリットとは、二つあります。一つは、出血を抑えることができる事です。粘膜や歯茎等の治療で切開する時の出血が抑える事ができるため、治療箇所が確認でき、正確に治療できます。二つ目は痛みや不快感をあまり感じないことです。虫歯治療用では、歯を削る時に起こる振動や音がしないため、麻酔を使わないか、少量の使用で治療することが可能です。そのため、痛みや不快感をほとんど感じずに治療を受けられます。

↑PAGE TOP