トップ / 歯科で定期的なチェックを

レーザー

健康な歯のための予防歯科

予防歯科とは、虫歯などになってからの治療ではなく、歯と口の健康を守るために発症する前から積極的にケアを行うことです。ただ、歯を磨くだけでは磨き残しがあったりするため、虫歯になることがあります。そのため、適切なセルフケアについてを学びます。セルフケアでは、歯垢を残さないように丁寧に歯磨きを行ったり、歯ブラシが届きにくい歯と歯の隙間にはデンタルフロスを使って歯垢を取り除きます。セルフケアをしつつ歯科医院で定期的に口の状態をチェックや歯磨き指導、フッ素塗布などを行い専門的なケアを受けることも予防のためには大切です。

虫歯を予防するために

子供のころ、虫歯になり、治療の感覚が嫌だったりと、歯科医院には苦い思い出を抱えている方は少なくないです。歯磨きをきちんとしなくて後悔した方もいるでしょう。今ではテレビのCMで予防歯科という言葉で、歯磨きをきちんとして、虫歯を予防しようというメッセージが伝えられています。現代の歯磨き粉の性能があがったり、歯ブラシの先端に極細という、歯ブラシの毛先が1mmもないものも増えてきました。また、歯磨き後に口の中をゆすぐ洗浄液もあります。こうしたものを駆使して、日常生活の中で虫歯にならないよう意識し、心がけていきましょう。

↑PAGE TOP