トップ / 歯科インプラントとは

レーザー

歯科インプラントの長所と短所

歯科インプラントのメリットとデメリットは、それぞれどのようなものがあるのでしょうか。まずメリットからですが、人工的に歯根をつくってからそれに歯を取り付ける方式なので、入れ歯とちがって歯をしっかりと固定できることです。また失われた歯を補う方法としてブリッジがありますが、この方法では失った歯を作る為に両隣の歯を削る必要があります。歯科インプラントであればそんなことはしなくてすみます。逆にデメリットとしては人工歯根が安定するまでに時間がかかることです。そのため治療期間が長くなります。また治療費は健康保険が使えないため、全額自費払いになります。スピードと料金面でデメリットがあります。

インプラントについて

歯がなくなってしまい、入れ歯を利用している方もいます。しかし、入れ歯では完全に安定するとは限らず、毎晩取り外して洗浄する必要があります。そこで、近年注目されているのがインプラントです。インプラントは抜けた歯の場所に、まず骨組みとなるパーツを直接埋め込み、なじんだらその上から人工的な歯をかぶせ、装着させます。そうすることで、本物の歯と同じように日常生活を送ることが出来ます。取り扱いを始めた歯科医院が増えてきたので、高額ではありますが、確実な歯の再生法として認知されてきています。また、歯科医院で定期的にクリーニングのアフターケアも行っています。

↑PAGE TOP